【スポンサーリンク】

名前が覚えられないマーマレード

こんばんは。

今日から桜見物に出掛ける方も多いでしょうか。

さくらが咲いてる期間は短いですからね。

毎年、桜を見ると来年はどんな気持ちでさくらを見るのだろうか、なんてことを思います。

きれいな風景を見れている幸せを感じながら。

 

さて、今日は初めての瓶物です。

こちらは、カルディのPOPを見た時に、思わず食べたいと思ってしまった商品です。

 

f:id:around45:20180324222528j:plain

 

フルッタチェレスティーナ オレンジマーマレード

321円

 

このカタカナ名、絶対に覚えておけないさそうですよね、笑

 

POPの「オレンジそのままのフレッシュ感!!」という文字に惹かれました。

 

もちろん原材料をチェックすると

 

f:id:around45:20180324222602j:plain

 

オレンジ果汁、砂糖、オレンジ だけです。

 ジャムとはどう違うのだったかしら?とふと思ったので、いつものようにググってみました。

簡単に分けますと、、

 

ジャム…果物や野菜を砂糖で煮たもの

マーマレード…果物のうち柑橘系を煮たもの

 

とありました。

ということは、ミカンのジャムとは言えないという事なのですね。

 

原産国はイタリアということで、外観のデザインも外国っぽい感じです。

ギラギラしすぎず、私は好感を持ちました。

 

f:id:around45:20180324223003j:plain

 

あとは値段も惚れた点です。

内容量は210gで、321円

海外のものにしては安い印象でした。そのあと、北野エースでマーマレードを見てみましたが、倍くらいの価格だったりする商品もあったので、この価格は魅力的ですね。

 

買った日の翌朝、早速食べてみることに。

もちろんトーストにたっぷり塗ります。

朝から食欲があるので、食パンは4枚切り!

f:id:around45:20180324223104j:plain

 

食べてみると、思った以上に甘くない。

POPに書いてあったように、さわやかな苦みがあります。

一番、おっと思ったのが、オレンジの皮がわりと大きめに入っている点でした。

f:id:around45:20180324223048j:plain

それが、口の中で噛むとより一層、マーマレードの美味しさを引き立てる苦みに変わります。

ペクチンが入ってないせいか、いわゆるジャムのドロッとした粘度がなく、さらっとしています。

甘みも控えめなので、パンにたっぷりつけちゃっても、口の中は余ったるい後味が残りません。

うーむ、美味しいです。好きです。

1瓶に割とたっぷり入っているので、お料理にもいろいろ使ってみたくなりました。

パッと浮かぶのは、豚肉を炒めたり煮たりする際に砂糖と一緒に使ってもよさそう。

あとは、オリープオイルと混ぜてドレッシングとしても美味しそうです。

お菓子なら、パウンドケーキに入れてもよいですね。

もちろん定番のヨーグルトも。

マーマレードは思った以上に、様々なレシピで活躍してくれそう。

 

この1瓶でしばらく楽もうと思います。

 

ではでは、よい桜の時期をお過ごしくださいね。

 

f:id:around45:20180324223229j:plain

こちらは今日見た桜の幹です。

花でなくすみません、笑

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク