【スポンサーリンク】

ハロウィンの伝統料理やデザートとは?キャンディコーンて何!?

f:id:around45:20190911131415p:plain
 

毎年10月31日は、ハロウィンですね。

カボチャのお料理やデザートを食べたりしますか?

ハロウィンといえば、日本ではカボチャ料理がまず浮かんできますが、そもそも本場の国ではどんなものが食べられてきたのでしょうか。

今回は、ハロウィンの「伝統的なお料理」「デザート」をご紹介します!

 

 

ハロウィンの伝統料理

ハロウィンアイルランド” が発祥の地です。

アイルランド人がアメリカへ渡り、アメリカから日本へとハロウィンが伝わりました。

ハロウィンの生まれたアイルランドでは、果たして “どのようなお料理” が食べられてきたのでしょうか。

 

コルカノン 

f:id:around45:20190910212710p:plain

出典:NHKみんなのきょうの料理

 

まず、アイルランドでハロウィンの伝統的な料理といえば、「コルカノン」です!

コルカノンは、キャベツや玉ねぎなどを混ぜた「マッシュポテト」のこと♪

アイルランドでは、昔からケールも栽培していたのでキャベツでなくケールを入れたり、香草を使ったりと家庭によっていろいろな食材が使われてきました。

ベーコンやハムを入れたり、またはそれらを添えて一緒に食べたりすることもあるそう。

ジャガイモの消費量が多いアイルランドでは、ジャガイモは様々な行事に登場し、このコルカノンもお祝い事がある時には欠かせない料理の一つです!

 

ボクスティ

f:id:around45:20190910222424p:plain

 

ボクスティとは「ジャガイモのパンケーキ」です♪

すりおろしたジャガイモと、荒くつぶしたジャガイモを混ぜ合わせてたっぷりのバターで焼きます。

このボクスティは、日本でいう「おにぎり」のようなものでアイルランドの家庭料理の定番なのです。

アイルランドでは、「ボクスティを作れないとお嫁に行けない!」と言われている程、誰もが知っている国民食で身近な料理です。

ジャガイモの “モチモチした食感” と、香ばしい焼きバターの風味がたまらなく美味しいですよ♪

アイルランドでは、最近は朝食で食事として食べたり、ジャムをつけて軽食やおやつとしてももよく食べられています。

 

ここまでジャガイモを使った伝統料理を2品ご紹介しました!

アイルランドでは、ジャガイモが食卓には欠かせないのですが、そのジャガイモを使ったポテトチップスの種類も大変多いようです。

日本には無いフレーバーではどんなものがあるのか、アイルランドのスーパーを覗いてみたいですね ♪

 

続いては、伝統のデザートをご紹介します!

 

ハロウィンの伝統的なデザート

アイルランドの “伝統的なスイーツ” で、ハロウィンの夜に食べるといったら、こちらのデザートが代表的です ♪

 

バームブラック 

f:id:around45:20190910222959p:plain

出典:ヱスビー食品株式会社

 

コルカノンやボクスティの食事のあとに食べていた「バームブラック」!

 

アイルランド語で、バームは「イーストを使ったパン」、ブラックは「斑点がある」という意味があります。

「斑点があるイーストのパン」ということですね。

 

黒い斑点は、レーズンやプルーンなどのドライフルーツ。それらドライフルーツを紅茶に浸して、やわらかくしたものが入っています。

バームブラックの特徴は、香りづけのスパイスも入っているというところ☆

 

また、本来はイーストを使うのですが、最近では家庭では膨らみやすいベーキングパウダーを使った作り方がアイルランドでもポピュラーになってきています♪

 

バームブラックで占いをしちゃう!

f:id:around45:20190910224147p:plain

 

このバームブラック「占いケーキ」でもあるんです☆

ケーキの中に以下の様々なものを入れて、ケーキを切り分けた時に入っていた物によって、それからの一年間の運勢がわかる!というもの。

フランスのお菓子「ガレット・デ・ロワ」に似てますね。

ガレット・デ・ロワもお菓子の中に陶器の人形を入れて、当たった人に幸運が訪れると言われています。

 

★バームブラック占い★

バームブラックに入れる物はこのような物です。

  • コイン・・・金運UP!
  • 指輪・・・・結婚運UP!
  • 布切れ・・・お金に困る...
  • ボタン・・・男性が結婚できない...
  • えんどう豆・・・女性が結婚できない...
  • 木のかけら・・・結婚生活がうまくいかない...

 

よくない意味のものは当たりたくないですね...

ちなみに、必ず入れるとされるアイテムは、「コイン・指輪・布切れ」です。

コインか指輪を見つけたいものです。

みんなで集まった時に切り分けたら盛り上がりそうなバームバラック占い♪

その際は、入っているアイテムを間違って食べてしまわないように気をつけて!

 

次は見た目がとっても可愛らしい “リンゴのデザート” をご紹介します♪

 

キャンディアップル

f:id:around45:20190910215803p:plain

 

本場アイルランドでは、秋に「リンゴ」も多く収穫されることから、ハロウィンではカボチャと同じくらい無くてはならない果物です☆

そのリンゴを使ったデザートの「キャンディアップル」は昔から慣れ親しんだ伝統菓子で、昔から庶民の身近にあり今でも大人気のお菓子です♪

 

このキャンディアップルは、別名で「トフィーアップル」とも呼ばれています。

トフィーはバターと砂糖を加熱してキャラメルのようにしたものです。

キャンディやキャラメルでコーティングされたキャンディアップルは、日本の縁日で売られているリンゴ飴ととても似ていますね。

 

リンゴに飴を絡めて作るので、カリカリの食感が美味しいです。

最近では、おウチでキャラメルチョコレートをかけて作るのも人気!

市販のミルクキャラメルや板チョコを電子レンジでチンすれば、キャラメルソース・チョコソースが簡単にできますよ。

今年のハロウィンは、「キャラメルアップル」も作ってみるのはいかがでしょうか^^

 

続いては、残念なお菓子...をご紹介します。

アメリカのハロウィンではものすごく定番なのに、日本で人気のないお菓子です(笑)

 

キャンディコーン

f:id:around45:20190910221148p:plain

初めてキャンディコーンを見た時は、私はなんてキレイで可愛いの!と思ったんです。

しかし、調べてみると「アメリカでは当たり前のようにあるのに、日本では売ってない」という声がたくさん!

確かに私も見たことも食べた事もなかったです。

 

キャンディコーンは、トウモロコシの形をしている、カラフルなキャンディです。

ハロウィンでは子ども達が近所の家を回ってお菓子をもらいますが、その時にも欠かせないキャンディコーン。

キャンディといっても、固めのものからグミタイプのものもあるそう。

ちょっと食べてみたくなりますよね。

日本のスーパーでは見かけないので、今年は通販でちょっと買ってみようかと思っています^^

 

実際にAmazonで調べたらあまり種類もなく、売切れの商品も。(人気だからか?はたまた売れないからあまり量が準備されてないのか...笑)

そうなるとやはりちょっと気になってきますね♪

私と同じように食べてみたくなった方はコチラをチェックしてみてください^^

 

 


キャンディーコーンAwesomenesとハロウィンピルボックス

 

 

www.around45.sitewww.around45.site

 

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ
にほんブログ村

食材・食品ランキング

スポンサードリンク