【スポンサーリンク】

昆布とわかめとの違いは?!気になる栄養成分や効果とは?

  f:id:around45:20190304172422j:plain

 

昆布 や わかめ はよく食べますか?

同じ海藻のこの2種類。

違いを聞かれた時に、答えられる日本人は以外と少ないようです。

私もその1人...

似ているようで、いろいろ違う昆布とわかめ。

2つとも体にうれしい成分や効果がたっぷり。

今回はその昆布とわかめのことを調べてみました ♪

 

昆布のすごい栄養素と旨味成分とは?

「昆布」は普段は出汁として使ったり、お正月に縁起のよい食べ物として昆布巻きで食べる方も多いのではないでしょうか?

そんな昆布は栄養的にも体にとてもよい食物なのです!

 

   f:id:around45:20190304181225j:plain

 

カルシウム

昆布には体の調子を整える大切な栄養素であるミネラルがたっぷり含まれています。

中でもカルシウムは牛乳の7倍も含まれているんです!

カルシウムは骨の形成を助け、体の機能の調整に欠かせない成分。

しかし体内では作ることが出来ず、食物から摂取しなければなりません。

成長期の子どもや高齢者の骨粗しょう症対策にも昆布はオススメ食材です!

 

食物繊維

昆布には水に溶ける性質をもつ「水溶性食物繊維」がたっぷり含まれています。

食物繊維であるアルギン酸フコイダンは、ごぼうの約5倍、サツマイモやカボチャよりも多く含まれています。

昆布のあのヌルヌルとした食感のもとがアルギン酸です。

 

アルギン酸は胃で消化吸収されないまま、腸へ届きます。そこで余分な有害物質(塩分など)を体外へ排出する手助けをしてくれるのです。むくみ防止にも繋がります。

フコダインは血中のコレステロールを減らし、中性脂肪の上昇を抑えてくれる働きから動脈硬化を防ぐ働きがあります。

そのような働きから、昆布の食物繊維には「大腸ガン」「肥満」「糖尿病」などの生活習慣病に効果があるとされています。

 

旨味成分は「グルタミン酸」!

お味噌汁や煮物など和食料理でよく出汁として昆布が使われます。

それは、昆布の「グルタミン酸」が旨味成分として出汁を作っているのです♪

調味料だけでは出ない美味しさは、この「グルタミン酸」があるかないかで大きく違います。

また、このグルタミン酸も食物繊維と同様に「大腸がん」の予防成分としても注目され始めています!

 

★おすすめ!とろろ昆布パワー★

昆布の中でも気軽に取り入れられて、高い栄養効果を期待できるのが「とろろ昆布」です!

一時期、とろろ昆布ダイエットも流行ましたね。

とろろ昆布には、昆布と同じようにカルシウムや食物繊維が豊富ですが、特別に優れている点は昆布がとても薄く削られていることによるものです。

極薄なことにより、昆布の細胞が細かくなっていて食物繊維を普通の昆布よりも多く取り入れやすいのです

また、とろろ昆布は胃に入ると水分で膨れるので、満腹感が早くでやすく食べ過ぎ防止も期待ができます。

とろろ昆布だと手軽に食物繊維を摂取することができるので、便秘症の私も普段からお味噌汁に入れたり、おにぎりに付けたりして取り入れてます♪

わかめにもうれしい成分が!

栄養的に見ると、断然「昆布」に軍パイがあがるのですが、わかめにも体によい栄養素が含まれています!

 

  f:id:around45:20190304181540j:plain

 

効率よく食物繊維が取れる!

昆布と同様にわかめにも食物繊維が豊富に含まれているのですが、含有量では昆布よりも多く含まれているのです!

乾燥わかめですと、他の海藻に比べると1回で摂取できる量に対して食物繊維の含有量が高いので効率よく食物繊維が取れます。

 

豊富なビタミン類!

わかめにはビタミンA、K、Cが含まれているのが特徴的です。昆布よりも含有量が少し上回ります。

 

ビタミンAは、なんとほうれん草と同じ位含まれています!

ビタミンAは体の成長や骨の発育には欠かせなく、粘膜を保護する働きがあります。

 

ビタミンKは、カルシウムの骨への付着を促して骨の生成を助ける作用があります。そのビタミンKの含有量は海藻の中でもトップクラスです!

ほうれん草やブロッコリーよりもさらに多く含まれています。

 

ビタミンCは、肌の調子を整えたり細胞の老化を防ぐ成分です。意外かもしれませんが、わかめにもビタミンCが多く含まれています。

 

昆布とわかめの価格の違い

ずばり昆布は高く、わかめは安いですよね。

それは、昆布はほぼ天然もので、90%が北海道に生息しています。そしてお店に並ぶのは収穫からなんと2年後!

逆にわかめはほぼ養殖で一年中、おおむね日本全国で収穫できるので、価格が安定しているのです。

韓国産も多く出回っていて、国産よりもさらに安価です。

 

 <まとめ>

・昆布にはカルシウム・食物繊維が豊富!

とろろ昆布で効果的に栄養摂取 ♪

・わかめにも食物繊維が豊富で、ビタミンも摂れる!

わかめは価格が安いので取り入れやすい ♪

 

昆布とわかめを比べると、栄養的には昆布の方が優秀です。

けれども、わかめにも食物繊維がたっぷりで、また昆布より糖質が低いのでダイエットに向いている食材です!

2種ともに生活習慣病に効果がある食材なので普段から積極的に食べていきたいですね ♪

 

  

 


〜関連記事〜 

www.around45.site

 

よろしければポチッとお願いします♪

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ
にほんブログ村

食材・食品ランキング

スポンサードリンク