【スポンサーリンク】

饗宴の儀のメニューは?日程スケジュールや参列者などは??

2019年5月に、平成から「令和」になりました。

そして約半年がたった10月22日に「即位札正殿の儀」が執り行われました。

この即位の礼に伴い、各国2600人の来賓が参列する「饗宴の儀」という祝宴も開催されます。

今回はその「饗宴の儀」では、どんなお料理のメニューがふるまわえるのか、また日程スケジュールや招待国の参列者などをお伝えします!

 

 

饗宴の儀のメニューは?

饗宴の儀にふるまわれるメニューは、かすご鯛姿焼き、牛肉アスパラ巻、伊勢海老葛打などの和食が並ぶと言われています。

料理は、「グランドプリンスホテル高輪」によって用意されます。

なんと、その料理代は約 8,500万円!!と言われています。

一人あたり、30,000円になりますね。

すごい金額です!

 

その他のメニューは正式発表がされていませんので、詳細はわかり次第追ってお伝えします!

 

饗宴の儀のメニュー発表

10月22日に開催された饗宴の儀のメニューです!

f:id:around45:20191023201016p:plain

出典:宮内庁

 

f:id:around45:20191023202152p:plain

出典:宮内庁

 

上記の前菜から菓子まで合計9品目 “日本食” が準備されました。

基本は「平成の饗宴の儀」のメニューをベースにしたものや、肉や魚の変わりに高野豆腐などを使った「菜食主義」メニュー、また、イスラム教の来賓に即して「ハラルミート」と呼ばれる肉のメニューも用意されました。

各国の食文化や宗教が考慮された献立になっていたようです!

宮内庁からは「日本の山海の食材を使い、外国の方にも食べやすいよう工夫を凝らした」という発言がありました。

 

 

 

 

平成の饗宴の儀のメニュー

 

今回は前回の「平成の饗宴の儀」の時と比べ、立食もあり簡素化にしたと言われています。

では、その平成の時にはどのような料理メニューだったのでしょうか。

 

平成の饗宴の儀のメニューは?

平成の饗宴の儀のメニューは、和食とフランス料理の2本立てでした!

また、外国来賓と国内招待客の2種類で用意がされていました。

 

平成の「饗宴の儀」の献立<外国来賓用>

 

 

【前菜】
かすごタイ姿焼き、エビ鉄扇、アワビ塩蒸し、ユリ根、カモ錦焼き、黄ユズ釜、篠アンキモ、栗、チシャトウ

 

【酢の物】
魚介酢漬け(スモークサーモン、ホタテ貝、ヒラメ、ワカサギ)

 

【焼き物】
牛肉アスパラガス巻き、ブロッコリー、生シイタケ、小タマネギ、小トマト

 

【温物】
茶碗蒸し(ふかひれ、マイタケ、三つ葉)

 

【揚げ物】
三色揚げ(カニ、キス、若鶏、紅葉ふ、クワイ、ギンナン、松葉そば)

 

【かやく飯】
タイそぼろ、タケノコ、シイタケ、カンピョウ、錦糸タマゴ、紅ショウガ

 

【吸い物】
伊勢エビ葛打ち、マツタケ、メカブ

 

【果物】
マスクメロン、パパイヤ、イチゴのシロップがけ

 

【菓子】
和菓子二種

 

【飲み物】
ワイン(白=コルトン・シャルルマーニュ 1985、赤=シャトー・ラヒット・ロートシルト 1978)、清酒、日本茶、ミネラルウォーター

 

出典:女性セブン2019年10月31日号

 

平成の「饗宴の儀」の献立<国内招待客用> 

 

【酢の物】(左の柑橘の器)
魚介酢漬け(スモークサーモン、ホタテ貝、ヒラメ、ワカサギ)

 

【作身】(鯛など)

 

【取肴】かまぼこなどの練り製品他

 

【焼物】(鯛)

 

【温物】

 

【かやく飯】
タイそぼろ、タケノコ、シイタケ、カンピョウ、錦糸タマゴ、紅ショウガ

 

 

平成の饗宴の儀の再現メニュー

平成即位の礼の際の「饗宴の儀」のメニューが再現されている動画がありました!

 

 

饗宴の儀のスケジュール・場所

饗宴の儀は計4回、開催されます。

 

10月22日  19:20〜22:50 (着席)豊明殿

10月25日  12:00〜12:40(着席)豊明殿

10月29日  15:00〜15:50(立食)春秋の間・豊明殿

10月31日  15:00〜15:50(立食)春秋の間・豊明殿

 

平成の際は、合計7回(全て着席)も行われましたが、過酷な日程だったことから今回は合計4回に変更されました。

雅子さまの体調も考慮されたのではないでしょうか。

 

首相夫妻主催の晩餐会

饗宴の儀とは別に、10月23日には首相夫妻主催の晩際会も行われます。

こちらは18:00〜21:00までとなり立食パーティーです。

これも含めると計5回となり、数日間でとても大変なスケジュールですね。。。

 

饗宴の儀の参列者

今回は簡素化したことから、招待客も前回の2900人から2600人と減りました。

外国の主な参列者は下記の方々です。

 

参列者<各国の主な要人>

f:id:around45:20191022191543p:plain

出典:NHK NEW WEB

 

◆イギリス:チャールズ皇太子

◆アメリカ:チャオ運輸長官

◆中国:王岐山国家副主席

◆フランス:サルコジ元大統領

◆ドイツ:シュタンマイヤー大統領

◆韓国:イ・ナギョン首相 など

 

参列者<国内の招待客>

日本国内からの参列者は下記の方々です。

国民栄誉賞を受賞された方や、スポーツ関係の方が多いようですね。

 

f:id:around45:20191022191337p:plain

出典:NHK NEW WEB

 

◆王貞治

◆山下泰宏

◆澤穂希

◆羽生善治

◆伊調馨

◆江崎玲於奈

◆野依良治

◆中西進

◆サーロー節子 など

 

饗宴の儀の参列者が次々に到着してくる様子です。 

 

 

 

この皇位継承にともなう費用は、合計で166億円!とも言われています。

想像できない金額ですが、歴史的な行事ですからスケールも半端ないですね。

10月22日に行われる予定だったパレードは、台風の被害を考慮され、11月10日(日)に変更になりました。

 

まだしばらくは、日本だけでなく海外からも注目が続きそうですね!

 

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ
にほんブログ村

食材・食品ランキング

 


スポンサードリンク