スポンサードリンク

味噌の効能は絶大!効果的な食べ方やオススメ味噌を紹介♪

味噌は味噌汁などで普段の食事でもとても馴染み深いですよね。

発酵食品でもあり、豊富な栄養素を含み体に良いのは昔から知られています。

日本を代表する健康フードではないでしょうか。

実際には体にどんな効果効能があるのか注目してみました。

私のおすすめの味噌もご紹介します♪

f:id:around45:20181227195020j:plain

 

<目次>

1)味噌の効能

2)味噌の効果的な食べ方

3)おすすめの味噌

 

1)味噌の効能

①やはりダイエット効果が期待できる!

味噌に含まれるコリンという成分が、肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ効果があります。

大豆に含まれるサポニンが腸の動きを整えて、コレステロール値を下げる効果も期待できます!

「味噌汁ダイエット」という言葉を聞いた方もいらっしゃいませんか。

食事の最初に味噌汁を飲むと、ご飯などの主食の食べ過ぎを防止できるという方法です。

具材に野菜を入れれば、食物繊維やビタミンも取れてより効果的です。

 

②うれしいアンチエイジング♪

大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをし、婦人科系の症状も軽くする効果があります。

リノール酸はお肌の水分調整をして潤いを保ち、シミやそばかすの原因になるメラニンを抑え美肌・美白へも繋がります♪

アンチエイジングビタミンと呼ばれているビタミンEも含まれていて、その抗酸化作用が血液の流れを良くし、冷え性などの改善にもなります。

 

③コレステロール・中性脂肪を下げる!

味噌に含まれるサポニン、レシチン、リノール酸などは、血中のコレステロールの上昇を抑制する効果があると言われています。

さらに大豆たんぱく質のβコングリシンには、中性脂肪を減らす働きもあるとのことなのです。

健康診断で気になるコレステロールと中性脂肪を抑えてくれる味噌はやはり積極的に摂りたいですね。

 

④血圧の上昇を抑える

脳卒中や心筋梗塞の原因になる高血圧の予防に味噌が期待できるのです。

私も今まで味噌を食べると塩分も摂取することになるのが少し気になっていたのですが、味噌には塩分を緩和する成分が含まれていて、血圧の上昇を抑制します。

 

⑤乳がん予防

日本の死亡原因のトップはガンです。その中でも乳がんは日本女性がかかる割合がトップです。

その乳がんの予防として、イソフラボンの存在があります。

乳がんに繋がるエストロゲンの過剰分泌を抑える働きがイソフラボンにあると考えられています。

味噌汁を一日3杯以上飲む人は、乳がんの発生率が飲まない人よりも40%も減少したというデータがあります。

 

2)味噌の効果的な食べ方

☆☆☆ 加熱しすぎないで!☆☆☆

味噌には乳酸菌や酵素といった栄養素が含まれてますが、それらは耐熱温度が50度くらいと言われていて、熱に弱いのです。

ですので、味噌を加熱しすぎると良い菌が死んでしまいもったいないのです。

お味噌汁を作る際は、一度火を止めてから味噌を入れるようにしてください。そうすることにより味噌の風味も保て、香りも引き立ちます♪

 

3)おすすめの味噌

知り合いの管理栄養士さんから教えてもらったのが、「ひかり味噌」さんです。

普通のスーパーでも売っていますが、私は今まで知りませんでした。

食べてみたところ、とってもとっても美味しかったです!

塩気が今までの味噌よりまろやかに感じて、特にお味噌汁にした時にコク深さを感じます。

いろいろな種類が出ていますが、私はコチラが一番オススメです♪

無添加というのもうれしいポイントです。

 

ひかり味噌 無添加円熟こうじ味噌

◆楽天市場


ひかり味噌 無添加 円熟こうじみそ 750g

 

↓減塩タイプもあります

◆Amazon


ひかり味噌 無添加円熟こうじみそ 減塩 750g×2個

 

これからも味噌を食事にうまく取り入れて、これらの効果を期待したいと思います!

 

〜関連記事〜

www.around45.site

 

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ
にほんブログ村

食材・食品ランキング

スポンサードリンク