【スポンサーリンク】

ボジョレーヌーボー2019☆歴代キャッチコピーと解禁日はいつ?

f:id:around45:20190805081225p:plain

毎年11月に解禁されるボジョレーヌーボー!

その年の出来映えを表現する「キャッチコピー」がいつも話題になりますね。

そこで、今回は今までの傑作な?ボジョレーヌーボーのキャッチコピーと、今年2019年の解禁日などをお伝えします!

 

 

ボジョレーヌーボーのキャッチコピー

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは、その年によって絶妙な表現だったり、時によくわからない内容だったりします(笑)

毎年どんな言葉が出てくるのか注目している方も多いのではないでしょうか?

そこで、過去どんな内容のキャッチコピーがあったのかをまとめてみました ♪

 

2019年のキャッチコピーはまだ発表されてないので、分かり次第こちらにでもお伝えします!

 

ボジョレーヌーボー歴代のキャッチコピー

1983 「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
1995 「ここ数年で一番出来が良い」
1996 「10年に1度の逸品」
1997 「近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998 「10年に1度の当たり年」
1999 「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000 「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001 「ここ10年で最高」
2002 「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」
「1995年以来の出来」
2003 「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
2004 「香りが強く中々の出来栄え」
2005

「ここ数年で最高、タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、

 これぞ『ザ・ヌーボー』」

2006 「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007 「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008 「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009 「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に1度の出来栄え」
2010 「2009年と同等の出来」
「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
2011 「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」
2012 「ボジョレー史上最悪の不作」
「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」
2013 「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014 「2009年の50年に一度のできを超える味わい」
「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
2015 「今世紀で最高の出来」
2016 「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい 」
2017 「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい 」
2018 「理想的な条件の元、素晴らしいヴィンテージへの期待高まる」

 

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは誰が決めるの?

f:id:around45:20190805230319p:plain

キャッチコピーは誰が作ったかわからず!

この毎年趣向をこらしたキャッチコピーははたして誰が決めているのでしょうか?

調べたところ、なんと出所が不明!

誰々が決めている、といった正式な決まりがなかったのです。

すでに定着しているボジョレーヌーボーのキャッチコピーが、こんな曖昧とはちょっと意外です。

しかし、そんなことってあるのでしょうか。

もう少し調べましたところ、、、

 

「フランス食品振興会」の発表内容をアレンジ!

日本のボジョレーヌーボーの窓口はフランス食品振興会というところです。

そこから発表される文章には、上記のようなコピーはないのです。

フランス振興会によると、キャッチコピ–とではなく“今年はこのような味”というのをワインの専門用語を使って発表しているとのこと。

 

その発表された内容を受け、日本の輸入元や販売メーカーがアレンジじて上記のようなキャッチコピーを公表していたのです。

なので、毎年耳にするキャッチコピーはフランスの公式発表されたものでなく、日本の企業が売れるようにつけた内容なのでした。

そうなると、販売元としては売れるためのキャッチコピーにするのではないのかと、思ってしまいますよね。

 

それを聞いたら、興ざめしちゃう人もいるのではないでしょうか。 

でも、実際に飲んでみてキャッチコピーとの違いを確認する、なんて味わい方もあるかもしれません。

  

ボジョレーヌーボー2019 解禁日

ボジョレーヌーボーの解禁日は、11月の第3木曜日です♪

なので、2019年は、11月21日(木)です。

 

ボジョレーヌーボー「日本での流行の始まり」

f:id:around45:20190805230559p:plain

 

ボジョレーヌーボーが日本でなぜ流行る?

 

毎年ボジョレーの解禁日にはテレビなどニュースで取り上げられ盛り上がりますね。

なぜ日本ではそんなに注目をあびるのでしょうか。

 

それは、下記の理由ではないとか考えられています。

 

  1. 日本がフランスよりも早く解禁日を迎えるから。
  2. 日本の販売メーカーが「世界で一番早く飲める!」という宣伝をする

 

日付変更線の関係上、本国フランスよりも日本が早く“木曜日”を迎えるのです。

そのため、どこよりも早く飲めるのが日本!ということを、アルコールメーカー各社がプロモーションでうまく盛り上げたのです。

私もテレビで見たりすると、つい買ってしまったものです。

 

2019年のキャッチコピーはどんな感じになるのでしょうか。

キャッチコピーは秀逸なのに、味はマズい!なんてことがないことを願います。

毎年10月頃には発表になるので楽しみにしていたいと思います♪

 

 

〜関連記事〜 

www.around45.site

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ
にほんブログ村

食材・食品ランキング

 


スポンサードリンク