☆明日は何を食べるかな☆

好きな食べ物・気になったモノやコトをご紹介します!

BONIQ(ボニーク)で肉じゃが!低温調理器は野菜も美味しくしてくれる!

BONIQ-nikujyaga-yasai

 

低温調理器具BONIQ(ボニーク)を使って、これまで肉料理を作ってきました。

 

サラダチキン、豚チャーシューとか美味しくできたよ☆

 

そうなると、次は野菜も低温調理器具だと美味しくなるのか気になるところ。

 

そこで今回は「肉じゃが」を作ってみました♪

 

ジャガイモ、人参、玉ねぎは美味しくできるのでしょうか。 

作る手順もご紹介していきます!

 

\国内No.1低温調理器/

予約注文受付中!

 

BONIQ(ボニーク)で野菜も美味しくなる

低温調理の特徴はなんといっても「お肉がやわらかくなること」!

お店で出るようなレア状態のステーキができます。

 

ローストビーフやサラダチキンも人気だね

 

なので低温調理は肉料理向けと思われがち。

 

けれども、実は野菜も美味しくできるんです。

 

実際にボニークの公式サイトでたくさんの野菜レシピが掲載されています。

 

【ボニーク公式サイト】レシピはこちらから

 

低温調理といえば、テレビで話題になった水島シェフが有名ですね。

けれど、水島シェフの肉じゃがレシピを見ると自分で温度計を使って計ったりと結構大変...

 

低温調理をしてみたい人にとっては少しハードルが高いかも。

 

そんな悩みを解決してくれるのが低温調理器具です。

低温調理器具だと「温度」と「時間」を設定するだけでカンタン。

 

今回は低温調理器具のボニークを使って「肉じゃが」を作ってみました。

 

お肉はもちろん、野菜も美味しくできました!

 

BONIQ(ボニーク):「肉じゃが」のレシピ

ボニークの公式サイトでは下記のレシピが掲載されています。

 

◆3〜4人分
・牛薄切り肉 100g
・じゃがいも 400g(中サイズ3〜4個)
・玉ねぎ     120g(小1個)
・にんじん  50g(1/2本)
・しらたき  100g

 

<調味料>
・だし  100ml
・しょうゆ  大さじ2
・酒(煮きり)大さじ1
・みりん(煮きり)  大さじ1
・砂糖  大さじ1/2

 

今回は牛肉でなく豚肉で作っちゃいました。

 

【ボニーク公式サイト】レシピはこちらから

 

BONIQ(ボニーク):「肉じゃが」の調理工程

 

調理工程といっても袋に材料を入れるだけなのでとってもカンタン!

 

食材を全部フリーザーバックへ入れます。

バックがMサイズしかなく、全部入れられなかったので2つに分けました。

BONIQ-nikujyaga-freeserbag

調味料も全部いれます。

 

量が多いメニューの時の時は、Lサイズのフリーザーバックを使うとよいですね。

 

Amazonだと、「Lサイズ30枚入り」で475円です。 一枚あたり16円。

 

そして、次はボニークで下記の温度と時間を設定します。

 

肉じゃがは、95℃/1時間

 

★温度と時間設定の詳しいやり方は下記の記事をご覧下さい。

www.around45.site

 

お湯が設定温度になったらアラームが鳴るので、そしたら袋をお鍋に投入!

BONIQ-nikujyaga-nabe-in

食材が浮かびそうならお皿で押さえてください。

 

そしたら、もうこの後はほったらかしで大丈夫!

 

火加減の調整もないし目を離しておいてよいのがラクチンなんです

 

ジャガイモもやわらかくなるかな〜

 

 次は完成した「肉じゃが」の感想をお伝えします! 

 

\累計61,500台突破!/

全国送料無料! 

  

BONIQ(ボニーク)で作った「肉じゃが」:野菜も美味しい!

設定時間が終ると、アラームが鳴るので「スタート/ストップボタン」を押してアラーム音を止めます。 

そしたて鍋から取り出します。

 

今回はお湯が95℃と高いので、ちょっとアチチとなりました。 

BONIQ-nikujyaga-toridashi

お湯が熱くなっているので袋を取り出す時は気をつけましょう。

 

盛り付けました!

BONIQ-nikujyaga-morituke

汁だくな肉じゃがが完成しました!

 

そして、さっそく実食!

 

おぉ〜、ジャガイモほくほく〜

 

ニンジンや玉ねぎにも味がちゃんとしみ込んでます!

 

ジャガイモは型くずれをほとんどしていなくて、キレイな形を保っています。

しらたきも、しっかりと味がついていて美味しい!

お肉はもちろん問題なし!

 

豚肉でもやわらかく仕上がりましたよ。

 

定番メニューからおもてなしまで

電気代1時間使っても5〜8円

 

BONIQ(ボニーク)で「肉じゃが」を作るメリット

  • 食材を炒めたりする必要なし!
  • 材料を袋に入れて、ほったらかしで出来上がり。
  • 盛りつけも袋から出すだけなので便利!
  • お鍋、お玉や調理器具の洗い物が一切でないのがラクチン。
  • ボニークを使ったお鍋はお湯だけなので調理終了後は拭くだけ。 

 

洗い物が少ないって地味に助かるよね〜

 

私はボニークで使ったお湯は、食べた後の食器を洗う時に使ったりしてます。

 

温かいお湯だと食器汚れが落ちやすくてよいですよ♪

 

BONIQ(ボニーク)は買いかどうか?

ずばり、ボニークは買いだと思います!

なぜなら、お肉も野菜もプロ並みに美味しくできてなにかと重宝します。

実際には「もっと早くから欲しかった!」というのが率直な感想!

  

けれどお値段が約2万円とちょっと高いのがネック...

 

たしかに安くはありません...迷いますよね..

 

 

けれど、家でお店並みの料理が作れることと、レシピも豊富なのですぐに元は取れてしまうでしょう。

 

ボニークの公式サイトには200以上のレシピが掲載。

今回の肉じゃがのような家庭料理から、ローストビーフといったおもてなし料理、デザートまであります。

 

お料理が好きな方なら、これからは1台は持っていたいと思うのが低温調理器ではないでしょうか。

 

レパートリーが、ぐんと増えます♪
低温調理でおウチ時間を充実させてくださいね。

 

\限定10%クーポン発行中/

全国送料無料
保証1年間付き

 

☆ボニークの詳しい使い方や他との比較はコチラをご覧下さい。

低温調理器BONIQ(ボニーク)レビュー!安い肉でも衝撃のウマさに!

 

☆ボニークで作った他のレシピはこちらをご覧下さい。

「サラダチキン」想像以上のやわらかさ!

人気レシピ「豚チャーシュー」作ったよ!

「砂肝のコンフィ」を作ってみた感想!

「玉ねぎまるごとスープ」はインパクト大!

  

日本初!低温調理の専門ブランド
【ボニーク公式サイト】


スポンサードリンク